屋根診断の必要性|太陽光発電システム(ソーラーシステム)設置工事<東京・横浜・神奈川・千葉・栃木>

太陽光発電工事プロ
無料屋根診断
屋根診断の必要性

太陽光発電システムは、全ての屋根に設置できる訳ではありません。
現在の屋根材は、何が使っているか、また下地は傷んでいないかなどを確認してから、設置可能・不可能を判断する専門的な知識が必要になります。そのため、最初に屋根診断が必要になります。
屋根の形状・傾斜角度・パネルの設置可能面積などを確認してから、正確なお見積を提出します。
また、屋根が老朽化していると、パネルや屋根の耐久性が悪化しますので、その場合は屋根自体をメンテナンスしてから、太陽光発電を設置するケースもあります。
屋根診断で、設置できる場所・発電量・設置コストを正確に計算します。屋根の老朽化が進んでいる場合は、無理に太陽光発電を設置するのは危険です。太陽光発電をご検討されているのでしたら、無料の「屋根診断」をお勧めします。

まずは、屋根の専門家に調べてもらう。
矢印
屋根の老朽化
電気配線の確認
パネルの設置可能面積
屋根の老朽化
架空配線
分電盤

屋根の老朽化している場合はパネルの設置が難しくなります。そのため、屋根の補修を事前に行う必要があります。そんな時は当社が責任を持って補修からパネルの設置まで行います。

太陽光を設置するために、当社が責任持って、電気配線の確認及び工事(太陽電池、パワーコンディショナ、分電盤の配線工事)を行います。

太陽光パネルを設置可能面積は、建築基準法で定められています。そのため、設置可能な面積を測定します。また、この作業は発電量を算出するためにも必要な作業です。

無料屋根診断